デントリペア「ジムニー」
フロントガラスリペア「N BOX」
デントリペア「アウトバック」
フロントガラスリペア「ステップワゴン」
デントリペア「118i」
フロントガラス交換最新施工例
連休中の営業について
お知らせ
デントとガラスの研究日誌
雹害(ひょうがい)日誌
デントリペア最新施工例
フロントガラスリペア最新施工例
2024年2月
2024年1月
2023年12月
2023年11月
2023年10月
2023年9月
2023年8月
2023年7月
2023年6月
2023年5月
2023年4月
2023年3月
2023年2月
2023年1月
2022年12月
2022年11月
2022年10月
2022年9月
2022年8月
2022年7月
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2021年6月23日
デントリペア「カローラツーリングワゴン」

「ベコン!」そんな音が聞こえてきそうなへこみでございます。

水戸市内の業者様よりお預かりです。場所はルーフパネル、まずはトリム類の脱着から。

まだまだご存じない方が多いこのケース、車の外板パネルは思っているより簡単にへこんでしまいます。

景色の映り込みでもハッキリ分かる大きいへこみは手や肘をついて体重をかけてしまったのではないかと思われます。そして残念な事にへこみに気が付いた時には複数のへこみが出来てしまった後の事が多く、今回もルーフパネル両サイドにへこみが点在。

映り込みだけでなくショップライトで見てみると更に詳細がよく分かります。

ルーフパネルにできたへこみの厄介な点は、天面を横断している裏骨にパネルが押し付けられ広範囲に変形し歪みが生じてしまうケース。仕上がりを優先させるのであれば、へこみの部分だけでなく広範囲を見る必要が出てきます。

それらを踏まえ今回はルーフトリムを外した方がベターと判断しましたが、ルーフのへこみだから必ず外す必要がある訳ではありません。

大切な愛車だから洗車しているはず、が実は痛めていたなんて・・・ 悲劇でしかありませんね。手の届かない所は脚立など利用され、極力ボディには体重をかけないのがよろしいかと思います。

ちょっとした気配りでアクシデントは回避できるかと。カラゴン復活なり~☆

 

 

 

ブログ記事一覧

〒310-0841 茨城県水戸市酒門町4371-5 TEL 029-247-7872(予約制)
営業時間 9:00~19:00(不定休)
Copyright (C) 2007-2018 DENT LABORATORY. All Rights Reserved.